めぐにっき
髪を切る
伸びきっていた髪を切りに行きました。

美容院久しぶり。うれしいー。
みいちゃーん。(担当美容師さん)どうにかしてー。
「切っていい?」もちろん!
前髪、ちょっと迷ってるんだ。
「迷ってるうちはまだ切らなくていいと思う」(キッパリ)
そっか!そうだね。切るのは一瞬だもんね。
今日もみいちゃんは安定の思い切りの良さと
上手さです。はー助かる。ほんとうに助かる。

けっこう短めにして
パーマをかけてもらって
たっぷりみいちゃんとお喋りして、
髪も心もすっかり整えてもらいました。
髪がかわいいっていいねえ。うれしいねえ。
「すっきりするよねー」うんうん。
「はー、楽しかったー」私も楽しかった〜。
みいちゃんのカットは伸びてきてからも可愛いので
これから数ヶ月の変化もたのしみです。
帰り道はパーマ液のにおい。
| きたがわめぐみ | - | 23:20 | - | - |
ふわふわさん
頑張ってくれたパレットを
丁寧に洗っておひさまにあてていたら
綿毛をつけて戻ってきました。

わあー。かわいい。
写真に映るように、わざわざ黒い板を置いちゃうよ。
ふわふわ。かわいいねえ。
種は2つついているんだね。ぬかりがないね。
指を近づけたら、静電気か
スッと指にくっついて、更にかわいかったです。

ここにいても生える土がないから
窓から見送りましょう。
行ってらっしゃい。花になってまた会えますように。




| きたがわめぐみ | - | 23:40 | - | - |
日本画を見る
日本画の吉澤舞子さんの絵に会いに行きました。

舞ちゃんの新しく描いた大きな絵は、
やわらかくて、やさしくて、
しなやかに強い。
包まれるように幸せな気持ちになりました。
レセプションだったから
お友達にもたくさん会えて嬉しかったなあ。
終わった後、みんなで
れいくんと白井が「人生一美味しい」という
馬刺しを食べに行きました。
「馬刺しで人生一とか考えたことないでしょ?」
うん、正直ない。「じゃあ今日考える事になるよ」
そんなに!?(食べる)あー、人生一かも…。
「でしょう、でしょう。あっはっは」

たっぷり笑って、たっぷり好きな本の話を聞いて
たっぷりどうでもいい話をした良い夜。
舞ちゃんの展示は、フェイアートミュージアムヨコハマで
26日までです。

| きたがわめぐみ | - | 23:35 | - | - |
良い旅を
枚数の多い原稿がひとつ終わったので
太陽を浴びに行きました。

飛鳥2ににっぽん丸、アマザラクエスト、
ロイヤルウィングももちろん泊まっていて
今日の大桟橋は船バブルです。
さいこう。大桟橋さいこう。




思う存分ぼんやりして
遠くの海を見て、近くのクローバーとアリの巣を見て
中くらいの遠さの船を見ていたら
飛鳥の出港に立ち会えました。
タグボートのきめ細やかな仕事ぶりを見られてうれしい。
汽笛が鳴って、テープを切って、
おーいおーい、いってらっしゃい、良い旅を!




そろそろ帰ろうかなと歩いて
山下公園側に着くと
反対側に泊まっていた
にっぽん丸の出港にも立ち会えました。
汽笛がボーっと三回鳴って、
おーいおーい、またね、良い旅を!
タグボートの仕事ぶりが2回も見られて、
船が見えなくなるまで見送る、もできて
とてもうれしいです。

| きたがわめぐみ | - | 23:30 | - | - |
「?」
柚木沙弥郎さんの個展
「Qui est」に行きました。

素敵だったなあ。素晴らしかった。
柚木さんの染色を見ると、
森の中にいるような気持ちになります。
ひとつひとつが、そこに
すっと、だったり、ひょっと、だったり、
お茶目だったりあたたかかったり
大きかったりしてそこにいる。
染色が素晴らしいのはもちろん
「てんきよほう かぞえうた」の原画も展示されていて
線も色も踊っているようで、歌っているようで、
とても嬉しくなりました。

今年はパリや葉山の美術館でも展示があるそうで
「いらっしゃってね」とギャラリーのマダムが
おっしゃって下さいました。
(パリ!ちょっと遠い!笑)
パリは無理かもしれないけれど、葉山は行ける。楽しみだなあ。
今年の展示も来年の展示も楽しみだなあ。

| きたがわめぐみ | - | 23:05 | - | - |
アドレナリン
担当編集さんに原稿を渡して
お灸に行きました。

完成したよ〜。よかったよ〜。
間に合うか不安だったのだけれど
本当によかった。
担当編集さんが「大変だったでしょう?」と
たくさん労ってくれて、
確かに描き込み量と日数だけを思えば
大変だったはずなのですが
それほど「大変だった…抜け殻だ…」となってないのは
きっと夢中だったんだと思います。
夢中。素晴らしいじゃないか。夢中。
行ってらっしゃい、良い旅をしてきてね。

お灸の先生「それはきっと
アドレナリンが出ているんでしょうね」
アドレナリン。確かに何かが開いている感があります。
「はい。まだ身体と脳が気付いていないので
明日以降くるかもしれません」
あっはっは。一気に休まないで徐々ににします。
「それがいいです笑」
| きたがわめぐみ | - | 23:55 | - | - |
ゼラニウム
3年くらい前
頂いた花束に小さなゼラニウムが入っていて
花瓶にさしている間に根っこが出たので
鉢に植え替えました。

ながーく伸びてしまって
一回切って、挿し木にしてみたり、
枯れた葉っぱをつんでは
いい匂い〜と思ってみたりしていたのですが
なんと今年は花が咲きました。

もう咲かないかと思ってたから
ほんとうにうれしいなあ。咲いた。
花束に入っていたゼラニウムと同じ
ピンクに、濃いピンクの線が二本入るゼラニウム。
おひさしぶりです、という気持ちになるなあ。
いやまてよ。葉っぱも含めてゼラニウムなんだから
久しぶりではないよなあ。
失礼なこと言っちゃった。

| きたがわめぐみ | - | 23:20 | - | - |
さかな


近所のケーキ屋さんに行ったら
こんなにかわいい
子どもの日のケーキがありました。

はー。かわいい。かわいいなあ。
さかなのかたち。あ、違う。鯉か。
子どもの日だもんね。鯉だ。
いや、違くない。鯉も魚だ。あっはっは。
来年はこれを買いたいなあ。
りんごが入ってるんだ。いいねえ。

今夜は菖蒲湯です。
とてもうれしい。
| きたがわめぐみ | - | 23:35 | - | - |
続き
そんな訳で蓮根を買うつもりが、蓮根がなくて
椎茸とキャベツと絹さやを買った
昨日の話の続きです。


さあ考えろ私。どうする。このしまったをどうする。
予定は蒸し野菜と餃子(冷凍してある)と、
明日の朝の鶏そぼろ。
絹さやは鶏そぼろと合うから大丈夫。
椎茸とキャベツも…蒸せない事はない。うん、大丈夫。
よしっ。予定通りだ。鶏ひき肉を買って帰ろう。
「こんにちは。えーっと、豚ひき肉300グラム…。
やっぱり400グラムください」
えーーー!!!わたしーーーー!!!なんでー!
まさかの、本日二度目の、
しまった。こんなつもりじゃなかったのにー!
でももう買ってしまったぞ。考えろ私。どうする。
そうだ、これを本能ショッピングと呼ぼう。
いやそういうことじゃない。
……シウマイだ。シウマイ!今夜はシウマイだ!!!



玉ねぎとシウマイの皮を買いにスーパーに行く途中
「はっ。スーパーには蓮根あるよね。
シウマイは冷凍して
蓮根にシウマイのタネを挟んで蒸そう。
しいたけにも乗せて蒸そう。
100点!2点満点中の100点!」となりました。
スーパーで「5個740円」という
破格のハーゲンダッツを買いましたが
これは買う前に「5個…多い…でも安い…。
保冷バックない…。でも安い…」と悩んだ末に買ったので
こんなつもりじゃなかったけれど、
こんなつもりじゃなかったのにには含まれません。

今日もシウマイです。
| きたがわめぐみ | - | 23:30 | - | - |
帰り道
「しまった。こんなつもりじゃなかったのに」
という気持ちになることが
数ヶ月に一回くらい起こります。

それは買い物の帰り道。
大抵は、もうすぐ締め切りの原稿があって
ぎりぎりの進行状況だったり
どうにも答えを導き出せない何かがあって
(おおよそは絵本のラフか、哲学的な事)
考え事が頭の中を支配しているとき。
はっ。もう夕方。買い物に行かなくちゃ。
ごはん何を食べよう。何を食べたいだろう。
蓮根がいい。蒸した蓮根にしよう。
冷凍しておいた羊肉の餃子と一緒に食べよう。
それから明日の朝は鶏そぼろごはんにしよう。よし。
そうやって買い物に行ったのに
近所の朝採れ野菜の八百屋さんに
蓮根が売っていなくて
何故か絹さやと椎茸とキャベツを買った時、
そう。今日の夕方です。


はー。しまったー。
何故私はキャベツを持っているんだ。
絹さや。選択肢に全く入っていなかったじゃないかー。
はー。しまったしまったー。

続く

| きたがわめぐみ | - | 23:25 | - | - |

一番上へ