その243 | めぐにっき
その243
結構前から、部屋にとても小さなクモがいます。

彼は滅多に姿を表しませんが、本当に時々壁や天井を散歩していて
よく見ると素晴らしい跳躍力で飛びながら移動しているようなので
引きこもりがちですが活動的な性格のようで、巣は見た事がないので
きっと張らないタイプのクモのようです。

虫は物凄く苦手な私ですが、「蜘蛛の糸」の影響か、我が家のばーちゃんの
「夜の蜘蛛は、ヨクモ出たなーだから殺していいけど、昼間はだめだ。」という
教えの影響か(夜だとしても)クモは殺せません。必ず見過ごします。

見過ごしますが出来れば出て行って欲しいので、紙で外に
追いやったりもするのですが、彼は本当に頭がよく
紙を近づけるとさささっと物陰に隠れ、紙が触れようものなら
一瞬死んだフリをし、油断した時にさささっと物陰に隠れます。
完敗です。これはもう、一緒に住むしかありません。

その後、名前をつけたら可愛くなるかなぁ・・・と、彼に
「ベンジャミン」という名前を付け、しばらく一緒に住みましたが
寒くなったからか引きこもりが激しくなったからか
最近ベンジャミンの姿を見ていません。
うーん。どうしたのかなぁ。

後々聞いた話によると、それはハエトリグモというクモで
どこの家庭にも大抵住んでいて、害虫を食べてくれるいいクモなんだそうです。
しかも、風にのって飛んできて、メスには情熱的な求愛ダンスをするんだとか。

すごい!すごい!
ベンジャミンは芸達者です。
| きたがわめぐみ | くものベンジャミン | 16:31 | - | - |

一番上へ