知っているようで | めぐにっき
知っているようで
断片はすごく知っているのだけれど
きちんと知らないものが
私にはたくさんあります。
例えば。ロッキーです。

主題歌だって知ってる。なんだったらけっこう歌える。
ロッキーのトレーニング法…宙吊りで腹筋することも
海辺を親友と走ることも
生肉をサンドバッグ代わりに叩くことも
生卵を飲むことも知ってる。
恋人の名前だって知ってる。
顔もありありと思い出せる。街ですれ違ったら
あ、ロッキー、と気付ける。私はロッキーを認識している。
だけれど、私はロッキーがどこのどういう人で
一体何の為にトレーニングをしているのかを
全く知りません。
ロッキーはスポーツ選手なの?
試合前なの?あんなに鍛えないといけないなんて
どれだけ強い選手が出ているの?
ストイックなの?それとも誰かの命とかかかってるの?
エイドリアン?エイドリアンを救うため?
それはメロスか。いや、メロスは
親友を救うために走っていたはず。
私はいつもメロスとロッキーが混ざります。
これもきっと、ロッキーを知らないせいだ。


ロッキーの話をしていて
あれっ?私、ロッキー全く知らないじゃん!と
今日はじめて気が付きました。
何十年も知った気でいられたのは
ロッキーがとても人気者で
たくさんの人がロッキーのことを私に教えてくれたからです。
はー。びっくりした。私ロッキー知らなかったよ。
いつか見てみよう。もしかしたら誰の心にも引っかからないような、
もしくはみんなしみじみ「いいな」と思っているのだけれど
地味だから誰にも話さないような名シーンも
たくさんあるかもしれないよ。
| きたがわめぐみ | - | 23:10 | - | - |

一番上へ