おりがみ派絵の具派 | めぐにっき
おりがみ派絵の具派
お友達のKちゃん曰く
「(幼少期の)折り紙は食べ物」だそうです。

折り紙は!食べ物!「そう」
勇気があるなあ。いや、覚えてないだけで
紙のはじっこくらいは食べたことあるかもだけど
食べ物と認識はしたことはなかったなー。
『(幼少期の)絵の具は食べ物』は聞いたことあるけどね。
「そう。小学校の教室にはね、
折り紙派閥と絵の具派閥があるんだよ。
絵の具派閥は折り紙派閥をちょっと格下に見てるの」

格上格下の真意は分かりませんが、
絵の具食族に伝わる、かの有名な(きたがわ調べ)
「ピンクは甘い。みどりは苦い。黒は死ぬ」
説のようなものは折り紙にもあって
みどりは「おいしい」ので早めになくなるそうで
だけれど黄緑は「そうでもない」から残りがち、で
金銀を食べると「死ぬ」ので、金銀があまりまくるのですが
金銀は折り紙を食べない子たちに貰われるので
全て立派な手裏剣になって、無駄がないそうです。
ああー。物理的に消化出来なそうだものね。金銀。
「でしょう?黒が死ぬって意味わかんないじゃん」
(まだ残る確執)(全てKちゃんの周りに起きていた出来事です。
絵の具は塗るものだよ。折り紙は折るものだよ。
真似して食べちゃだめだよ)

「ちなみにね、めぐ。
どうして折り紙は2枚ずつ入ってると思う?」
おお。なんだろう。うれしいからかな。
もしくは1枚失敗しても大丈夫なようにかな。
「1枚は折るため。1枚は食べるためよ」
勇気があるなあ。
| きたがわめぐみ | - | 23:45 | - | - |

一番上へ