雪平 | めぐにっき
雪平
雪平鍋が随分前に壊れてしまいました。

壊れた場所は取っ手の付け根。お鍋の方。
取っ手が壊れたなら直せるのだけれど
お鍋が壊れたのは直せません。
せっかくだったら一生使える
嬉しいお鍋を買おうとあれこれ調べて
銅の雪平鍋にしよう…!まで決めたものの、
(ここまでで数ヶ月)
なかなか見に行くことができなくて
ミルクパンでお味噌汁を作り
(容量が少ないのでかなりの確率でふきこぼす)
フライパンで煮魚を作り
ちょっとしたものを土鍋で作る
少し不便な時間を半年以上も過ごしてしまいました。

さあ、やって来ましたよ。浅草。
職人さんの作る銅の専門店。
ぴかぴかだなあ。綺麗だなあ。かっこいいなあ。
「雪平はね、今17.5センチがないんですよ」
わー!そうなんだ!でもないものは仕方ないなあ。
「訳あり商品だったらあるんです。
小さな傷が底についていましてね。少しだけ安いです」
その傷は、お料理に差が出ますか…?
「変わらないと思いますよ」
見てみると本当に小さなまあるい傷。
うん。私の、のしるし、にしよう。
丸いしるしなんて可愛いじゃないか。うふふ。
これください。ああ嬉しいなあ。

自分で買ったのだから、何が入っているか知っているのだけれど
時々ちらちら包みを眺めては
「間違いなくいいものが入ってそう!」と思いながら帰りました。
これからよろしくね。

| きたがわめぐみ | - | 23:40 | - | - |

一番上へ