めぐにっき
ばら
数日前に頂いたバラが
しょぼーん、となりました。

おお。早かったなあ。
バラって難しい。なかなか長持ちさせられないなあ。
でも綺麗よねえ、バラ。
私は葉っぱと一緒にワイルドに飾るのが好きよ。
短い間だったけれどありがとうね。
花瓶から抜いて、捨てようとすると
あれあれ、いつもと何かが違います。
ああ、そっか。いつもは、抜いた途端に
花びらがふわっと散るのに
今日は一枚も散らないんだ。
優しく引っ張ってみても、花びらはちっとも抜けません。
うん。枯れてないぞ。バラは元気だ。
いや、しおれてるから元気じゃないけど
水が上がってないだけだ、きっと。

水切りして茎を短くして、
お薬を入れた水につけると
バラは見事に復活しました。
わー。うれしい。よかったー。
すごいねえ。あんなに下を向いてても
寿命まで散らないんだねえ。
やわらかくて優しい肌触りだった花びらが
お薬のせいか、ばっきばきに硬くなっていて、
ばらっ、うふふふ、みたいに可憐だったのが、
バラッッッ!!!バラだぜっ!!!みたいになっているのが
いいのか悪いのか微妙な所ですが
(量かもなあ。ごめんよ。べんきょうべんきょう)
花と少しだけおはなし出来たみたいでうれしいです。

| きたがわめぐみ | - | 23:55 | - | - |
色々見る
秋は原画展が多いです。
東京に行ったので
ぎゅぎゅーっと、色々な方の原画展を見た日。
その数5つ。あっはっは、いっぱいだ。




ひとつめ。
「柿本幸造の絵本の世界」に行きました。
わあわあ、どうしよう。会えた。
どんくまさんにも、動物さんたちにも、くじらぐもにも、
柿本さんの描くみんなに会えた。
嬉しい。嬉しい。

眼と心に映る景色を
こんなにもパノラマで見せて下さるなんて。
こんなにも可愛くて格好良くって
あったかいなんて。すごいなあ。
小さい時からずっと寄り添ってくれていた
柿本さんのあたたかさ。
ここが、あったかいが産まれた場所なんだなあと思うと
涙がじんわり滲みました。




ふたつめ。
タカタカヲリさんの描く
女の子たちみたいなワンピースを着て、
カヲリさんの絵に会いに行きました。
見応えたっぷりのグループ展。
カヲリさんの絵は
いろんな味のドロップスみたいです。
綺麗だねえ、まあかわいい、って
動物さんたちも寄ってくる。
私も寄っちゃう。うふふ。
吉祥寺にじ画廊で23日までです。







みっつめ。
田島かおりさんの
しろうさちゃんに会いに行きました。
ああ、しろうさちゃん!
ぎゅっと抱きしめて顔をふにふにうずめたい。
ふわっふわで、気持ちよくて、
おひさまのにおいがすると思います。
田島さんのグループ展は
高円寺自由帳ギャラリーで10/21までです。






そこからすぐ近く。よっつめ。
日本画家の吉澤舞子ちゃんの
「Dear Puzzle」に行きました。
舞ちゃんの力強い曼荼羅に、
ドンっと背中を押してもらう。
どこまでもどこまでも広がっていく。
舞ちゃんの絵はいつも宇宙に繋がっていて、
命を大切に抱きしめています。
うん。そうだ。悩ましい自分のかけらも親愛なる命の一部。
高円寺CLOUDS ART COFFEEで21日までです。






いつつめ。
高円寺の銭湯で開催されていた
藤田チャコスちゃんのワークショップで、
本日ゴール!フィニッシュ!
チャコの作った紙をじゃきじゃき切らせてもらって
(なんという贅沢なんだ)
動物ダンサーを作りました。
チャコの色は綺麗だなあ。パワフル。
残すのがもったいなくて、隅々まで使いました。
チャコ、ありがとうね。







見たーー。いっぱい見たー。
こんなに行けること滅多にないからな。
開催と場所が近かった幸運。
途中でフルーツサンドを食べました。
フルーツサンドにも幸せが溢れています。

| きたがわめぐみ | - | 23:55 | - | - |
ひみつきちへようこそ!
夏に酷暑で延期になった
古民家でワークショップイベント
ひみつきちへようこそ!」が
今週末に開催されます。

待ってたよー!待ってた待ってた。
油絵画家の藤田チャコスちゃんと
音楽家のsayumiちゃんとご一緒です。
がつがつワークショップをする日、というよりは
ゆったりみんなでテーブルを囲んで
のんびり工作する日になると思います。
お家みたいでいいなあ。たぶんとても自由な日。
あったかいココアを飲みながら
わいわいするみたいに、皆さんと遊べたら嬉しいです。

その日は私とチャコの
「いちにちびじゅつてん」も開催されます。
1日だけの原画展。期間が1日、というだけで
他は何も変わらないのですが、
1週間の原画展、と、1日の原画展、では
やはり違うような気がして
新しい絵を3枚描きました。
原画を見に来るだけ、も大歓迎です。
(その場合はドリンクオーダーのみ、
ワークショップ料金はかかりません)
よろしければ見に来てやってくださいね。

さあ、あそぼう!みんなであそぼう!
もう少しだけ、枠、あいています。
遊びに来てね。どうぞよろしくお願い致します!

| きたがわめぐみ | お知らせ | 11:30 | - | - |
深緑
こやまこいこさんと
ランチをしました。

はじめてお会いするので
みどりの服を着ています、と言ったはいいものの、
私の服はよく見たら深緑で、
どうしよう、かと言ってわざわざ「深緑です」って
メールをするのも、とおろおろしていたら
ちゃんと見付けてもらえました。
ああ、よかった。ありがとうございます。
こいこさんは宣言通り、黒いスカートを履いていたよ。
なんて分かりやすいんだ。助かる。
深緑を改めて反省しよう。
ああ、会えてうれしいなあ。お茶を飲みましょう。
可愛い絵を描く方はもれなく可愛いです。

「最近万歩計を買ったんですよ」
それはすてき!歩くの楽しくなりますね。
「アプリより、なんとなく合っている気がするんです」
うんうん、分かります。可愛いですよね、万歩計。
私も持ってます。あ、あの、私は
電池が切れて挫折しちゃったんですけど…。
「ああー!あの電池、すぐ買えないもんね」
そうそう。銀で丸いやつ。切れて、忘れずに買って、
電池入れをドライバーで開けて電池を変える、
そこの敷居が私に高かった。←ものぐさか
「我が家の玄関の時計も電池切れてるなあ。ずっと11時だ」
朝かな、夜かなあ。「どっちかなあ」
| きたがわめぐみ | - | 23:05 | - | - |
ヤク
ヤク100パーセントの服が大好きです。

軽くてあったか、寒い日も安心のヤク。
約、じゃないよ。カタカナでヤク。
寒いところにいるヤギの一種だよ。
ああ、でもね、一応調べておきましょう。
私は時々色々な事を間違えるからな、って、
えーーー!!!!



ウーーーーシーーーーー!!!

ああびっくりした。まさかの牛だった。
今までにいろんな人にヤギって言っちゃった。
もう、私の言ったことなんか
1ミリも残さず忘れて欲しい。ごめんよみんな。
ヤクはウシ科ウシ属、偶蹄類です。

-----(仕切り直し)---------

毎年ヤク100パーセントを探しているので
遠目で見ても「あれはヤクっぽい」と
分かるようになってきた私。
(Gメンか。Gメンなのか)
この前、閉店後のお店のショーウィンドウに
ヤクっぽいロングカーディガンを見つけて
今日そこを通ったので見に行ってみると
やっぱりヤク100%のカーディガンでした。
ああ、うれしい。これで今年の冬は大丈夫だ。
ヤクは長く着られるから来年も大丈夫だ。
ありがとうありがとう。これください。

お姉さんが包んでくれている間
他のものを見ていると
「たぬき100%」と書かれたカーディガンも見つけました。
わー。たぬき。初めて見た、たぬき。
英語表記じゃなくて、あえてひらがななんだなあ。
タヌゥーキファーみたいな…あれ、
伸ばしてもカタカタでも日本語だった、あはは、
ナントカファー、じゃないんだ。たぬき、なんだね。
そうかあ。たぬきかあ。たぬき。

私は未年で、羊を見るのも触るのも鳴き真似するのも
着るのも食べるのも好きです。
たぬきも好きだけれど、たぬきは見るのと描くのと
想いを馳せるのが好きだけれど、
たぬき、着るのも好きかなあ。まだ未知。
| きたがわめぐみ | - | 23:10 | - | - |
ヒヨドリ



きのう、スタジオポーキュパインの
おふたりにお会いして、
鳥や動物や虫の話を
たくさん教えてもらいました。

楽しかったな。ますます生き物が好きになった。
知らなかった昨日とは
景色もちょっと違って見えるよ。
鳥いないかなあ、って、耳を澄ませちゃうし、
上ばっかり見ちゃう。おお、土鳩ばっかりだ。

鳥好きにとって、
世の中のおおよその鳥は可愛いのですが、
「ガビチョウ」と「ヒヨドリ」は例外だそうで、
ヒヨドリは、他の鳥を見ている時に
自分から間に入ってきて
「やだっ、この人アタシ見てる!
見ないでよ!見ないで!見ないで見ないで!」
と言わんばかりに大声で鳴いて
ほかの鳥が全部逃げてしまうので
お前じゃねーよ!と思われてしまうんだそうです。
(ガビチョウは、長くなってしまうので、またいつか!)

一回は会いたくなってきたなあ。ヒヨドリ。
「私の持ってる鳥の歳時記には
『ヒヨドリ。嫌われている事が多い』
って書いてあるよ」(←和枝さん)
何それすっごい主観じゃん。笑
「ひどいよね」まったくだ。あっはっは。
| きたがわめぐみ | - | 23:15 | - | - |
三島
三島に行きました。
ひとつめの目的は、高橋和枝さんの個展「トコトコバス」。
ふたつめは、えがしらみちこさんがオープンした
「えほんやさん」に行くためです。
ふたりとも、すてき、すてき!
切符、久しぶりに買ったなあ。切符ってかわいいねえ。




伊豆長岡には世界遺産があるようでした。
「←韮山反射炉 こちら」のような、
とってもかるーい感じの看板があったので
近いのかな?寄ろうかな?と思ったら
全然近くありませんでした。
あっはっは。きっと車用の看板だね。
伊豆長岡は良いところで
ギャラリーもすごく可愛かったです。



静かなギャラリーで
和枝さんの絵から聞こえてくる音を聞きながら
うれしい時間を過ごしました。
素敵だったなあ。
私も一緒にバスに乗って、
トコトコ、トコトコ「つきみがおか」へ。
まんまるな気持ちで別の部屋に行くと、
静かなお庭から、虫や草木や花や鳥たちの
ひっそり愉快なおしゃべりが聴こえてくるようで。
いつまでだってここにいたい。いいなあ。
一緒に飾られた石神照美さんの陶器も、
同時開催の増田良平さんの器も、
すごくすごく素敵でした。

伊豆長岡NOKTAで21日までです。
お近くの方も、お遠くの方も、是非是非!
激しくおすすめです。





ギャラリーのカフェで
和枝さんとたっぷりおしゃべりをして、
みっちゃんの「えほんやさん」へ向かいました。

わあー、かわいい!
わあー、すてき!
大人も子どもも嬉しそうに絵本を選んでいて、
あちこちから絵本を読む声が聞こえてきて。
棚の絵本たちが、1冊1冊、
こんにちは、読んでいく?って
話しかけてくれているような
かわいいかわいい絵本のお店。
この空間が幸せすぎて、またすぐに来たいです。

サイン、いっぱい入れさせてもらっちゃった。
みっちゃん、寛子さん(妹さんで、店長さん)、
ありがとう。涙
きたがわ絵本、えほんやさんにあります。
よかったらお家に連れ帰ってやってくださいね。
どうぞよろしくお願い致します。




えほんやさんは、三島駅から徒歩約10分
三島田町駅から徒歩約5分です。

■えほんやさん
静岡県三島市中央町4-10
055-900-1052
10:00~17:30 火曜定休


おはなし会も、やってるよー!





みんなで美味しいごはんを食べて
みっちゃん一家と手を振って別れて
和枝さんと新幹線で、またおしゃべり。
悩む理由や頑張りどころは違えども
みんなそれぞれ頑張ってる。
なんだか勇気が湧いてくるなあ。
2人がいてくれてよかった。ありがとうね。

みっちゃんと和枝さんと
12月、東京で原画展をする予定です。
(詳細は、また後日!)
楽しみだなあ。是非遊びに来てくださいね。
| きたがわめぐみ | - | 23:15 | - | - |
いいわあ
K姫と夜ご飯を食べました。

髪をばっさり切って、真っ黒にしたK姫。
わー!黒いー!短いー!かわいいよ!
なになに、何かあったの?
「…勢い?」うん、大事だ。「大事」勢い大事。
「あとネイルやめたんだよ〜」うおっ。ほんとだ。
「あんなに長い間ネイルしてたのに
誰にも気付かれないの。案外人は人を見てないね」
あっはっは。真理だ。私も気付かなかった。
自然すぎて目がいかないんだろうね。
「うんうん。自分のために塗るのももちろんいいけどね〜」
それも分かる。指先が可愛いのうれしいもんね。

もうすぐ今年が終わるので
来年はどうしようか、何をしようか、
どこで遊ぼうか、という話をしていたら
もっとざっくり大きくなって
「先々はどうしようか」という話になりました。
どうしようねえ。穏やかがいいなあ。
「もう、ポジティブワードしか言わないで暮らしたい」
いい天気〜とかね。「美味しいね〜とかね」
いいわあ。「いいー」いい。
「でも伸び代は欲しいなあ」
伸び代はいつでもあるよ。もはや伸び代だよ。
「私褒めてもらったらいくらでも伸びるよ」
褒めるよ。任せて。私も褒められたら伸びちゃう。
「逆にいくらでも褒めるよね」うん。私たち褒めるの得意。
「いいわあ」いいわあ。
今、そうでありたい事とあんまり変わらないね。
「そうね。私たち最高ね」←ポジティブワード
| きたがわめぐみ | - | 23:20 | - | - |
期間
某絵本作家の団体に所属しています。
(申し訳ないほどの幽霊部員です)
そして今日、係の方から
「新入会員の会に参加されますか?」
というご連絡を頂きました。

「はて、新入会員。そんなに新しかったかな。
5、6年は経つ気がする」と思いつつも
その日はお伺い出来ない旨をお伝えすると
係の方が「2011年入会の方からが対象なんですよ」
という事を教えてくれました。
わーお。長い。それは確かに当てはまる。
もしかしたら、私以外にも「はて、新入会員?」と思う方がいて
なんなら「はて、新入会員?」と聞かれることもあって
説明してくださったのかもしれません。


そうかあ。不思議だなあ。
あ。違うのよ。文句じゃないの。
新入会員だからこれをして!とかないし、
長い事で困ることはないのだけれど
(おお、私…。甘えさせてもらっていてすみません…)
私がしみじみ気になるところは
どうして「7年間」なのかというところだよ。
大変に中途半端な気がしちゃう。7。
ラッキーセブンだからかな。7。

はっ。もしかして大事にしてるのは
「2011年から」の方だろうか。
こっちも、どうして2011年からなんだろう。
1がつくからかな。
この場合はまだ伸びるかもしれないよね。
どこまでいくだろう。10年くらいかな。
もし職人さんの世界なら
「30年新人」もあり得るしなあ。
待てよ。「新人」と「新入」は意味が全然違う。
学校で「新入生」でいられるのは
4月5月の2ヶ月くらいのことだし
デパートの「新入会員年会費無料!」の特権も
おおよそ1、2年が多いものね。
何で7年なのかなあ。

まあでもいいね。数年後には答えが分かるよ。
なんなら疑問に思った事も忘れちゃうかもしれないよ。
私にはそういうところがあるよ。
もし覚えていて、誰かに会えたら聞いてみよう。
ラッキーセブン説がいいなあ。縁起が良くて。うふふ。
| きたがわめぐみ | - | 23:25 | - | - |
折る
昨日のことを大いに反省して
折り紙でポチ袋を折りました。

せっかくだからね、素敵なポチ袋を折ろう。
そーれ検索っ。お、鶴がついたポチ袋があるよ。
これにしよう。美濃和紙の折り紙とか使っちゃおう。
よし頑張るぞ。どれどれ。




へにゃっとしてる…。
なんかへにゃっとしてる…。





しかも小さくて入らない…。


くはー。何故だー。悪夢ふたたび
私の才能め。もう、私なんかアレだから
鶴じゃないのを折っちゃうもんね。
もっと簡単なの。お。これがいいかな。



…全く入らない。


ふわー。何故だー。何故だーとか言ったけど
理由は分かっているぞ。
動画を見ながら折るのに夢中になりすぎて
お金の大きさを全く考えていない事が原因だよ。
私めー。もうっ。私め私めー。
昨日の夜、赤いサリーを着た大勢の女性ダンサーが
「♪加工動画〜加工動画〜」って歌いながら
両手を頭の上でゆらゆらさせて踊っているのを
動画で撮る愉快な夢を見た私めー。

結局ポチ袋はこうなって、
失敗した折り紙は、私が最近唯一折れる
星になりました。
今更だけれど、折り紙の極意は
「面倒くさがらないで、しっかり折り目をつけること」
のような気がします。



| きたがわめぐみ | - | 23:40 | - | - |

一番上へ