めぐにっき
きたがわめぐみと民藝品、はじめました
民藝品が好きです。

そのものの機能性や美しさはもちろん、
作る行程も、作り手さんたちも好き。
知れば知るほどぐっとくる。
そんなに好きならば、と、
民藝品をテーマに
絵を描くことを決めました。
きたがわめぐみと民藝品。
少しずつツイッターインスタグラム
発表していこうと思います。
ハッシュタグは「#きたがわめぐみと民藝品」です。
どうぞよろしくお願い致します。


「切子のドレス」


「こけしのオールインワン」





実はnoteもこっそりはじめています。
ここでは書かない、もう少し深いところのお話や
ツイッターに載せた絵たちを
流れからもう一回すくって
残していけたらと思っています。
合わせてどうぞよろしくお願い致します。

| きたがわめぐみ | お知らせ | 23:00 | - | - |
馬喰町に行く絵描き
ノットエンドフラワーの
梅ちゃんのワークショップに行きました。

お花を選んで、好きな場所に並べて。
今は綺麗な色ですが、徐々に色が抜けて
アンティークのような色調になっていくそうです。
いつまでも綺麗はもちろん素敵だけれど
変わっていく綺麗さもあるよね。
はっ。人間もそうね。勝手に励まされる。
梅ちゃん、楽しかった。ありがとうね。







夜は飯野和好さんの絵本原画展
「灰屋灰次郎 灰はございー」にお伺いしました。

なんて美しい原画だろう。
なんて綺麗な江戸の空。
気付けばすっかり江戸にいて、
長屋に響く子ども達やおかみさんの声まで
聞こえてくるようでした。
豪華絢爛なラフコーナーも素晴らしかったです。





昼間の北出食堂さんは、
ノットエンドフラワーのイベントに合わせて
お花を使ったお料理を。
夜のART+EATさんは
灰屋灰次郎に合わせて
灰にちなんだ小腹弁当を用意してくださっていました。
どっちも本当に美味しかった。
美味しいっていい。素晴らしい。



| きたがわめぐみ | - | 23:50 | - | - |
小さな絵のかけら
土曜日、ノットエンドフラワーの梅ちゃんの
「植物標本を作る」ワークショップに行きます。

楽しみだなあ。梅ちゃんの作品だいすき。
梅ちゃんと
「絵も挟んだら素敵かも」って話をしていて、
小さな絵のかけらを持って行こうと思っていますが
私は絵を挟まない植物標本を作る気がします。
あっはっは。そういうものだよね。

小さな絵のかけらをつくるのも
楽しかったなあ。
表からでも、裏からでも見える紙に
きらきら陽の透ける、綺麗な色で。



| きたがわめぐみ | - | 23:45 | - | - |
連休が終わる
フリーランスだからゴールデンウィークなんて
ほとんど関係がないはずなのだけれど
みんなに混ぜてもらって
「終わっちゃったなー」なんて思っています。
そしてその後すぐに「何が終わったんだい私」と思います。
何にも終わってないよ。あはは。

鳩÷たこ焼きは、どっちも「美味しい」で割れそうだから、
まず美味しいで割るでしょ。
たこ焼きから引く美味しいは…
やっぱりタコかな。
鳩から引く美味しいは…
鳩から美味しい引けるかな。引いてみるか。
まあ、普通に考えてお肉かな。
そうすると次は皮で割れそうだから…と、
謎の割り算をする夢を見ました。
「それさ、割ってなくない?引いてない?」
はっ。ほんとだ。私は今話すまで
確かに割り算したと思っていたよ。
あれっ。割り算って引く場面なかったっけ。
今は深追いしないでおくけれど
もしかしたら私は割り算を
とてつもなくめんどくさくやっているのかもしれないよ。
| きたがわめぐみ | - | 23:55 | - | - |
雪平
雪平鍋が随分前に壊れてしまいました。

壊れた場所は取っ手の付け根。お鍋の方。
取っ手が壊れたなら直せるのだけれど
お鍋が壊れたのは直せません。
せっかくだったら一生使える
嬉しいお鍋を買おうとあれこれ調べて
銅の雪平鍋にしよう…!まで決めたものの、
(ここまでで数ヶ月)
なかなか見に行くことができなくて
ミルクパンでお味噌汁を作り
(容量が少ないのでかなりの確率でふきこぼす)
フライパンで煮魚を作り
ちょっとしたものを土鍋で作る
少し不便な時間を半年以上も過ごしてしまいました。

さあ、やって来ましたよ。浅草。
職人さんの作る銅の専門店。
ぴかぴかだなあ。綺麗だなあ。かっこいいなあ。
「雪平はね、今17.5センチがないんですよ」
わー!そうなんだ!でもないものは仕方ないなあ。
「訳あり商品だったらあるんです。
小さな傷が底についていましてね。少しだけ安いです」
その傷は、お料理に差が出ますか…?
「変わらないと思いますよ」
見てみると本当に小さなまあるい傷。
うん。私の、のしるし、にしよう。
丸いしるしなんて可愛いじゃないか。うふふ。
これください。ああ嬉しいなあ。

自分で買ったのだから、何が入っているか知っているのだけれど
時々ちらちら包みを眺めては
「間違いなくいいものが入ってそう!」と思いながら帰りました。
これからよろしくね。

| きたがわめぐみ | - | 23:40 | - | - |
ちいさなおうちとかわいいおみせ


バートンの「ちいさいおうち」の
原画展示に行きました。

ああ、凄かったなあ。
絵から秋の風が吹いてくる。夏の日差しが降り注ぐ。
都会の排気ガスのにおいがする。
表紙の青はこんなにも深かったんだ。
大地の草の一本一本は、
こんなにも愛情深く描かれていたんだ。
そんな事分かっていた気がするけれど改めて。

嬉しい気持ちを噛み締めながら
夜はブックハウスカフェの
1周年のお祝いに行きました。
2年も5年も10年も、お祝いしたい。
できることなら50年だって100年だって。
おめでとうございます。
| きたがわめぐみ | - | 23:35 | - | - |
上野の森ブックフェスタ
上野の森ブックフェスタ
似顔絵イベント、終了しました!
たくさんのご来場ありがとうございました。

自分で撮れた写真は1枚もなくて、
私の手元に残った思い出は
似顔絵を描かせてもらった
子どもたちの名前のメモだけでした。
でも、こんなにいいものが残ったぞって気もする。
名前を眺めてしみじみお顔を思い出す。
絵本読んでるよって教えてもらったことも
もらったお手紙も
何よりのご褒美だなあ。
みんなありがとうね。
お父さんお母さん、ありがとうございました。

ゴールデンウィークの上野に来ると
今年もゴールデンウィークだなあ、という気持ちになります。
(何言ってんだ笑)(絵本業界あるある)
編集さん達にも、作家さんたちにも、お友達にも
たくさん会えてうれしかったな。

| きたがわめぐみ | - | 23:20 | - | - |
【おしごと】おはなし「いなばのしろうさぎ」
おともだちで
おはなしページの絵を担当させて頂きました。



おともだち 6月号(講談社)
おはなし「いなばのしろうさぎ」

それにしても、日本の神様の意地悪さというか
人間くささったらなあ。
やおよろずもいるんだものね。そういう神様もいるよね。
そうだ、きっと個性。
いつか白兎神社でうさぎの絵の判子がついた
御朱印を頂きたいです。
| きたがわめぐみ | お知らせ | 18:10 | - | - |
【おしごと】かたつむり
めばえ6月号で
おうたの絵を描かせて頂いています。



■めばえ6月号(小学館)
うた「かたつむり」


幼稚園くらいの頃
「かたつむりーのー、あたまどこー」という
この歌に多大なる影響を受けた
(というかそのまんま)歌を
勝手に作詞作曲して歌っていたことを
担当ライターさんに告白しました。
Nちゃん「そっか…きっと当時のめぐちゃんは、
すごく気になったのね…」
うん、そうなんだよ。もしくは馬鹿だったんだ。
いい思い出。あっはっは。
何の話かすっかり分からなくなっちゃったけれど、うふふ、
めばえ6月号、よろしくね!
付録はアンパンマンのねんどだよー!
| きたがわめぐみ | お知らせ | 18:25 | - | - |
【おしごと】保育のとっておき裏技101
昨年、保育とカリキュラムの付録だった
「保育のとっておき裏技101」が、
大好評、単行本になりました。




■保育のとっておき☆裏技101(ひかりのくに)
なぞなぞ・えかきうた


持ち歩きやすくて机も置けるA5版のいいサイズ。
たっぷり裏技が載っている中の、
きたがわはなぞなぞと絵描き歌を
担当させていただいています。

描いて歌って考えて答えて、
たくさん遊んで頂けたら嬉しいです♪
どうぞよろしくお願い致します!
| きたがわめぐみ | お知らせ | 14:00 | - | - |

一番上へ