めぐにっき
秋が来る
涼しくなったり、暑くなったり
(今日は暑い方!)
ザ、季節の変わり目、ですが
日が落ちるのはずいぶん早くなりました。

原稿を描いて
たいへん、たいへん、こんな時間だ、と買い物に出て
絵に描いたみたいな雲だなあ、と
雲を見ながら橋を渡って
(私は大きな川のある町に住んでいます)
買い物を終えてスーパーを出ると、
夕方と夜の間、くらいの暗さになっていました。
絵に描いたみたいな雲は
暗いところで見ても、絵に描いたような雲。
これを実際描こうと思うと
なかなか描けないものなんだよねえ。
写真撮っておこう。パシャ。おお、職業病。
心のカメラは、匂いや記憶や気持ちのほうがはっきりしていて
細かい色はあいまいです。(私の場合)

帰って来て洗濯物を中に入れた途端に
鼻水が止まらなくなって
絵を一枚描いて、ツイッターにあげました。



とめどなく
とめどなく
あふれるものが止まらないのは
私の前にあの人が現れたからでしょうか、かみさま



(きたがわツイッターより)
| きたがわめぐみ | - | 23:30 | - | - |
宇宙のはなし
Gさんと打ち合わせ。
打ち合わせ自体は早めに終わって
哲学科出身のGさんと、現役大学生のHちゃんと
宇宙や哲学の話をしました。

「大宇宙と小宇宙があって、
人間は大宇宙に属している小宇宙なのだけれど、
人間の中には大宇宙がある、という説があるんです」
(私の記憶のせいでちょっと違ったらごめんなさい)
わーお。人間の中に宇宙が。すごく分かる気がする。
宇宙でもないと説明出来ないことがいっぱいあるよね。
もしくは宇宙のせいなら、おおよそのことが片付く。
助かる。そう。宇宙があると助かる。
私は産まれたてが一番宇宙で
そこから少しずつ宇宙が減ってきて、
また膨張して(宇宙と魚沼産と高山市は膨張しているのだ)
死ぬ時には、立派な(?)宇宙に
なっているような気がするのですが、
『産まれた時には宇宙の周りに殻がついていて
死ぬまでにそれを少しずつ剥がしていく』という
解釈もあるそうです。

そっかそっか。面白いなあ。
どっちにしても、人間の中に宇宙があるって話は
みんななんとなく納得がいっているんだ。
宇宙は膨張している。という事は、
私の中の宇宙も、きっと膨張している。
すごい。どこまでいってもいいんだ。
伸び代だらけだ。安心するなあ。

「宇宙は膨張している。ぼくのお腹も…」
いや、Gさん、そこに詰まっているのは宇宙だよ。
「そうかな」そうだよ。そうしようよ。
| きたがわめぐみ | - | 18:00 | - | - |
旬の頃
この前、
春夏秋冬にわかれたレシピが載っている
薬膳の本を買いました。
きょねんくらいから、
私は薬膳に鼻息荒めです。ふんがー。

さあ、今夜のご飯は何にしよう。
薬膳にしよう!食べる前からテンション上がる!わっほう!
秋だからな。おしとやかにテンションあげよう。わっほうよ。
秋の項目をぱらぱらめくって、
キノコと銀杏と生きくらげのホイル焼きか
鳥もも肉のいちじくソテーか
どちらかにしようと思ったのですが
スーパーに、いちじくも、銀杏も
生きくらげも売っていませんでした。
わー。そうかあ。まだ時期じゃないのかなあ。
いちじくっていつだろう。生きくらげは。銀杏は。
待てよ、今のぴっかぴかの旬ってなんなんだ。
きのこか。きのこは売ってる。
もはやきのこは一年中売ってる。あはは。

私がスーパーを見回した結果
今の旬は、栗と桃とぶどうのような気がします。
「そうねえ。銀杏は早いんじゃない?
だって、まだ日本大通りに(←神奈川のいちょうの名所)
一個も落ちてないでしょう」
そっか、そうだねえ。いちょうはまだ緑色だよ。
いや、待てよ。銀杏は手間がかかるって言うじゃない?
外側腐らせたり。種を乾かしたり。
と言うことは、黄色くなる頃それをしたら
冬になっちゃうよ。青いうちに取ってるかもだよ。
それで、周りを腐らせて、種だけ出して
乾かして、銀杏の時期に出荷…。
あ、そうか、どっちにしても黄色くなる頃に合わせてるのか。
今じゃない。そっかー。
| きたがわめぐみ | - | 23:39 | - | - |
Pebbles Books


小石川のPebbles Booksさんに行きました。
料理の本を見ていて、この調理用具すてき、と思ったら
隣に台所の本や調理用具の本が置いてあったりする。
ある作家さんの本を見ていたら、その人とご縁の深い
詩人の本が近くに置いてあったりする。
巡り巡って哲学本。その先は宇宙の本。
そのあたりで、ああ、私は随分
遠くに来たなあ、なんて思ったりもする。
だけれどもちろん、いつでも戻れる。
好きなコーナーのずうっといたっていい。
物語のある棚を作る書店員さん
久禮さんの本屋さんです。
わあわあわあ。とっても待ってました。
久禮さん、おめでとうございます!

小石川の住宅街の灯りのような
かわいいかわいい本屋さん。
私が着いたのは遅い時間だったのですが
お店はとても賑わっていました。
わかるなあ。遅くまでやっている本屋さんがあるって
すごくうれしいよね。
しかも、ここに来たら何かに出会える。旅に出られる。
東京にまたひとつ、楽しみな場所が増えました。

Pebbles Booksさんは、後楽園か春日から。
東京都文京区小石川3ー26ー12
13時から22時まで(日曜は10時から19時まで)
火曜水曜定休です。


谷川俊太郎さんの本を買って
駅までの道をゆっくり歩いていると
どこからか太鼓の音が聞こえて来ました。
見えてきたのは、道路の一角を
ほんとうにささやかに通行止めにした盆踊り。
小さなやぐらに小さな輪。なんてかわいい盆踊り。
流れているのは大東京音頭で、
ほんとうに「ビルの林に歌が沸く」だなあ。よいしょ。
東京で大東京音頭を踊れて、とてもうれしいです。


| きたがわめぐみ | - | 23:50 | - | - |
ありがとう夏
驚くほどにぱたぱたしてしまったら
夏を飛び越えて秋になっていました。

おおう。めぐにっき、さぼっちゃったなあ。
こういう時もあるんだなあ。
またゆっくり、書いてみようと思います。
その前に、ツイッターでは呟いているけれど
(良かったらフォローしてやってくださいね)(宣伝)
夏の思い出。2018夏。

今年の鎌倉の花火は、雲に隠れて
全く見えなかったのですが
それはそれで世紀末感と
ジーザスが降りて来そう感がすごかったです。




近所のレトロな喫茶店に初めて行ったら
メニューがなにもかも最高でした。
私はプリンアラモードを食べました。




うまれてはじめて
佐藤錦を食べました。
君が噂の佐藤錦か〜。
おいしいなあ。おいしいなあ。Gさんありがとう。




うまれてはじめて梅干しを漬けました。
こうやって毎日様子を見ました。






柚木沙弥郎さんの原画が我が家にやって来ました。
一大事です。死ぬまで大切にします。
死んでも、大切にしてくれる誰かを
今から探しておこうと思います。




大仏の柄の御朱印帳を手に入れました。
雨の日の大仏もすてきでした。




チャコスとかねごんとのイベントは
酷暑で延期になってしまいましたが
(10月21日に開催です!)
みんなで集まって花火をして遊びました。




私が口紅を塗ると
ママの口紅塗っちゃった子みたいになる気がして
ずっと塗っていなかったのですが
素敵なヘアメイクさんに
「色付きのリップクリームがあるよ」と教えてもらって
生まれてはじめて口紅を買いました。
わたしの口紅。シャネルです。わーお。




たくさん海辺に行って
たくさん雲を眺めました。
町の海も、海の海(?)も。




暑かったですが、今年も一期一会の
かけがえのない夏でした。
梅干しはふくふく美味しく出来ました。
夏、また来年ね。待ってるね。
ここまで暑くなくてもいいからねっ。(小声)

流しそうめんをして
七輪で秋刀魚も焼きました。
さあ、秋がはじまるよ。めぐにっきも再開だよ。
美味しくてうれしい秋になりますように。



| きたがわめぐみ | - | 23:55 | - | - |
持って行く、持って帰る
おおよその仕事のスケジュールは
ありがたいことに余裕がありまくりなのですが、
時々、誰でもない自分のせいで、
カッツカツになる時があります。

久しぶりに「間に合わないかも…!」と思っていた
原稿を書き終えて、宅配便をお願いした帰り道。
小さなぶどうを買いました。
ごほうびぶどうだよ。うれしいな。
エコバッグを持っていると思っていて
袋はいりません、と断ったのに
いざ鞄を見てみたらエコバッグを持っていなくて、
レジが混んでいたので「やっぱり袋ください」とも言えなくて
両手で持って帰ってきました。
私の両手、行きは原稿、帰りはぶどうのパック。
| きたがわめぐみ | - | 23:05 | - | - |
取材
取材に行きました。

実はお仕事ではありません。
お仕事ではない、というと、ちょっと違うかな。
作品として作りたい、と思っているけれど
誰にも頼まれていないものの取材です。
私が私に頼んだもの。
私には分からない事は誰かに頼んで教えてもらう。
シンプルでいいなあと思うのです。

お医者さんに体の仕組みのことを
たくさん教えてもらいました。
体、生まれた時からずっと持っているのに
知らないことばかりだった。面白い。
今日O先生に聞いたお話の中で
(先生は手術室の先生です)
(この前までは救急にいらっしゃったんですって)
(ドクターヘリにも乗っていたんですって)
(これは今日聞いた情報じゃなくて、出会った時に聞いた情報)
一番かわいい、と思ったのは
「僕はハンバーガーが大好き」という情報です。あはは。
| きたがわめぐみ | - | 23:00 | - | - |
名前


可愛い花瓶を買ってから、
お花を買う機会が増えました。
今日からのお花はルリトウワタです。

このルリトウワタったら、
呼び名がいっぱいあるんですって。
ブルースターでしょ。うんうん。青くてね、花びら5枚で。
名は体を表しているね。
オキシペタラムね。薬剤みたいね。
もしくは物知り博士みたいね。オキシペタラム博士。
薬剤に詳しいの。オキシペタラム博士は。
何故薬剤かと言うと、オキシの3文字しか合ってないけど
オキシドールを連想したからだと思うよ。
要するに適当だよ。はっはっは。
あと、ツイーディア。外国のお嬢さんみたいね。
おさげの赤髪がいいな。12〜14歳くらいの。
願望だよ。もはや願望。
めぐにっきなんてそんなもんだよ。
おおよそは私の妄想で過ぎて行くよ。
それなのに長年お付き合いありがとうございます。

ちなみに私はルリトウワタ、ブルースターと呼んでいました。
一番現代っぽいので呼んでいたんだなあ。
ルリ、は、きっと色で
ワタ、は、ふわふわしているからかなあ。
あだ名がいっぱいあって、
人によって呼ばれ方が違って
「そういえばあいつ名前何だっけ」
「やばい本名めちゃかっこいい!!!!!」
みたいな子でいいな。ルリトウワタ。
| きたがわめぐみ | - | 23:30 | - | - |
万年筆
気がつくと万年筆が出なくなっています。

毎日使ってない証拠だなあ。ごめんねえ。
お掃除しましょう。お水につけましょう。
万年筆をお水につけたとき
インクが水の中でするりとリボン状になって
ゆっくり溶けて、青く変わっていく様子が
綺麗でとても好きです。
(はっ。いや、だからと言って
万年筆を詰まらせていい訳では、ごにょごにょ)

そして私はいつかこれを
飲み水と間違えてうっかり口に運ぶ気がします。
気をつけよう。

| きたがわめぐみ | - | 12:20 | - | - |
わたしのたのしみ


「せいかつのたのしみ展」に行きました。

いい天気、外でごはん、
メルヘンの限定フルーツサンド。
隣に散歩中のいぬ。ごほうび感しかないなあ。
カゴバックを見たくて並んでいる時、
水場に座っていたお兄さんの犬が
ばしゃん、と水場に入ってしまって
(うんうん、暑いもんね、気持ち分かるよ笑)
「あーーおまえだめって言ってるのにー、
うわっ、この水場ぬるぬるする!ははっ」と
お兄さんが盛大に滑りながら犬を迎えに行っていて
(綺麗な水が流れていますが、外に人工的に作った川なので
毎日お掃除を、などはしないんだと思います)
並んでいたお姉さんと「あはは」なんて笑いあって。
暑いですもんねえ。うんうん、暑いですよねえ。
暑くて外で並んでいて、なんて
とてもご機嫌でいられる状態ではなさそうなのに
どの人もみんなご機嫌で(もちろん私も)
たのしみ、が揃った場所は
いいなあ、なんて思います。
「よくいらっしゃるんですか?」
はい、そうですね。来ちゃいます。楽しくて。
「私も毎回来てるんですよ」
わあ、じゃあ、すれ違ってるかもしれないですね。うふふ。

たくさんお買い物をして
ごきげんに帰ってきました。
毎日を彩るものが、とっておきのものだと
とてもうれしい。
これからもひとつひとつ、大切に選びたい。
| きたがわめぐみ | - | 23:10 | - | - |

一番上へ