めぐにっき
そごう
横浜そごうの紀伊国屋で、
コンドウアキさんの
リラックマ絵本原画展を見ました。
優しい色とまんまるのやさしいかたちが、
ちょこんと寄り添ってくれているみたいな気持ち。
原画がこんなにいっぱいなんて、
なんと贅沢なんだろう。
うれしいなあ。ばんざい。


同じくそごうの特設会場で
この前頂いてチケットを使って
オードリーヘップバーン写真展を見ました。
どこを切り取ってもキュートなオードリー。
どんな「今」も、かけがえなくたいせつなひとつこま、と
言ってくれているようなオードリー。
とびきりチャーミングなオードリー。
子鹿と暮らしていた、というところもぐっとくるオードリー。
かわいいが溢れてたなあ。はあ。オードリー。かわいい。


今日のよこはまそごうには
もうふたつ人だかりがあって、
ひとつはジンギスカンのジンくんで、
もう一つは假屋崎省吾さんの
「スカーフ実演販売」でした。
オードリーと生リラックマと
生ジンくんと生カーリー。
| きたがわめぐみ | - | 23:55 | - | - |
アジマリネ
アジのマリネサンドを作ろうと思って
(タモさんの!)(タモさんレシピは美味しいです)
(私はいつもタモさんを信じています)
(雨が降るそうです。そうですねー、とか)
でもアジをさばくのは面倒なので
お刺身用のアジを買ってきたら、
マリネに使う玉ねぎがありませんでした。

おお。うっかりした。玉ねぎなかったかー。
なしでもいいかなあ。いや、買おう。
だって私はタモさんを信じているから。
近所のまいばすけっとで買って帰ってくると
今度はバルサミコ酢がありませんでした。

わー。大事なもの何もないじゃないか。
私めー。一体何を見て買い物してたんだい。
普通のお酢でもいいかなあ。いや、買おう。
だって私タモさんを信じているから。
それに、食べた時に
「コレジャナイアジマリネ〜」
って思ったら悲しいじゃないか。
最低限しか揃っていないまいばすけっとには
バルサミコ酢は置いていなくて
近めのスーパーはもう閉まっていて、
結局15分歩いて、駅のそばの
深夜まで営業しているスーパーまで行った私です。

でも大丈夫。私はタモさんを信じているから。
ああおいしい。ああうれしい。
タモさんありがとう。

| きたがわめぐみ | - | 23:40 | - | - |
つくし


つくしが出始めました。

つくし、かわいいなあ。
にょきにょきしてるよ。
ぴーんとしてるよ。思わず探しちゃう。
かわいいなあ。

例えば、今はマンションだからないけれど
庭がある家に住んでいたとして
庭につくしを生やしたかったら
一体どうしたらいいのだろう。
つくしの種とか、売っているのかなあ。
それとも自然に任せるしかないのかなあ。
そもそもつくしが出る地面と出ない地面の差は
一体何なんだろう。

庭には住民に必要な草が生えてくるという説があって
私はそれをけっこう信じています。
つくしが必要な人ってどんな人だろう。なれるかなあ。
| きたがわめぐみ | - | 23:35 | - | - |
ヨガ
K姫に誘ってもらって
うまれてはじめてヨガに行きました。
ヨガって何着ればいいのかな〜。
「動ければなんでもいいよ♪
ヨガウェアでも、短パンTシャツでも!」
ヨガウェア。宇宙の言葉みたいだ。ヨガウェア。
ヨガウェアはどこに売っているんだろう。
短パンTシャツ。持ってない。まずTシャツを持ってない。
私は恐ろしいくらい運動にご縁がないのです。
こまったこまった、ははは。

グーグル先生に聞いてみると
ヨガウェアはスポーツ用品店にあるそうで
(そりゃそうだ)
デパートのスポーツ洋品店に行ってみたのですが
露出がすごく高くて
「すぱっつ!ぴちぴち!上半身もはやブラジャー!
これは無理ではなかろうか…!」と恐れおののいて、
グーグル先生に聞いてみると、
どうやらオールインワンのヨガウェアがあって
これが私的には気持ちが安心なのではと思うものの
一回着てから買いたい気持ちがあって
毎晩毎晩ヨガウェアを検索して
やっと売っていそうな店舗を見付けて
行ってみた私です。(既にヨガ当日)

「はじめてで、全然分からないんです。
でも露出が少なめでゆったりの
このオールインワンが着たくて…」と言うと
お店のお姉さんが、合いそうな上を
一緒に一生懸命探してくれて
ヨガ雑誌まで見せてくれて
たくさん試着をさせてくれました。
ああよかった。K姫、私、ヨガウェアを買えたよ。
「わー!ちゃんと買ったんだ!
いや、かわいいよ、すごくかわいいんだけど、
ヨガウェア、ファストファッションのお店にもあったんだよ〜。
ごめんねえ、言えばよかった、
だってめぐだもんねえ。運動、縁がないよね」
あっはっは、そうなのよ〜。でも買えたよ。大丈夫!
初めてのヨガはウェアも可愛くて
たくさん伸びて気持ちが良くて
先生が美人でした。K姫、ありがとう。
| きたがわめぐみ | - | 23:55 | - | - |
違和感
ちょっとした違和感、を
感じる時があります。

何かが違う。でも何なのかは分からない。
でもたしかになにかが違う。なんだろう。
絵本を作っている時によく感じる気持ちですが
今回はそういうのじゃなくて…
いや、今作っている絵本の違和感も感じるのだけれど、
あはは、がんばろう、
それじゃないんだ、それじゃなくて
なんだろう、なんだかこのところ
毎日違和感を感じるんだよ。
うーむ。うーむ。春だからかなあ。

数日感じていたこの違和感が
「カレンダーをめくっていなかったから」
だという事に気がつきました。
ああー!そうかあ。
何か足りないと思ってたんだよ〜。そういう事かあ。
もしかしたら曜日もずれてたかなあ。そういう事かあ。
3月の絵もかわいいです。(めくった)

| きたがわめぐみ | - | 23:25 | - | - |
寝癖
朝起きると
イカした寝癖がついていました。

すてきじゃないか。狙ったってこんなことできない。
このオサレな髪型のまま
春の街に繰り出したい。
この寝癖に合う服を着て
この寝癖に合う靴を履いて
春の街を風といっしょに歩きたい。
そういうわけにもいかないから直しましょう。
会った人が困っちゃうものね。うふふ。
私は大人になったなあ。

「知らないの?寝癖はいちばんオシャレなんだよ」
と私に教えてくれたのは
どこの誰だったかなあ、と思いながら
記念に写真に撮った寝癖をツイッターでつぶやきながら、
打ち合わせに行きました。
今日の打ち合わせの場所は、だいすきなブックハウスカフェ。
Cさんが、いつものスーパー癒され笑顔で
「わ〜。きたがわさーん。寝癖ついてない〜」と言ってくれて
あはは、つけてきてもよかったなあ、なんて思いました。
私に寝癖はいちばんのオシャレと教えてくれたのは
たぶん、淺井くんです。
| きたがわめぐみ | - | 23:55 | - | - |
ひょうちゃん
Aさんのお家で打ち合わせをしました。
Aさんとの打ち合わせは
いつもその場で描いて一緒に決める
最短打ち合わせです。
ライブ感がたのしい。
パッと打ち返してくれるAさんだから
私も引っ張ってもらえてできるのだけれど。うふふ。


Aさんの美味しい手料理を食べながら
冷蔵庫にわんさか入っていた
「ひょうちゃんコレクション」を
見せてもらいました。
2代目ひょうちゃんじゃないですか!原田治さんの!
かわいいい。かわいいい。
丈の長いワンピースを着ていたからか
「お!なんか雰囲気変わりましたね!
シルエットが前方後円墳みたいですね!」
と言われたのが、今日のあははできごとです。
Aさん最高だなー。前方後円墳って。笑

| きたがわめぐみ | - | 23:50 | - | - |
傘を見る
イイダ傘店の春の展示会に行きました。

もう、もう、私
とてもとても待ってたの。
動物の持ち手の傘だよ。うれしい。
あれもかわいい、これもかわいい、と
ありとあらゆる傘を試した結果
くまの持ち手で、茶色で、花柄で
折りたたみの傘を注文することに決めました。
お決まりですか?と話しかけてくれたお姉さんに
まだ、決めていないんです、
あっちもこっちも可愛くて、とお話すると
「それでは、一緒に考えましょうっ」と
傘のサイズのことや、使い心地のことや
細かいあれこれなどを教えてくれて
なんだかそれもうれしかったです。
一緒に考えましょう、かあ。いいなあ。うふふ。

傘を買って浮かれポンチでお店を出ると、
降っていた雨もやんでいました。
私の今使っている、軽くて小さい折りたたみ傘は
ポケットに入れて帰りましょう。
くまの傘が届くのは9月。とてもたのしみです。

| きたがわめぐみ | - | 23:40 | - | - |
おはなし


「これがこうで凄いと思うの」
なんて話をしたり聞いたりした時に
「う、うん」となるか
「分かる」となるかがあって、
う、うん、で全く構わないし
逆に自分がそうでもいいと思うのだけれど、
全員の話がしみじみ「分かる」
「そうだよね」「それすごい!」
という人たちと出会って
なんだか嬉しい気持ちです。

我が家の近所の旅人カフェで
(カレーがとっても美味しいの)
ほとんどがはじめまして、だけれど
「分かる…!」としみじみ思うみんなで、
大地がうまれて大地がおわるまでのおはなしを。
宇宙のおはなしを。
船にテントをはって旅をするおはなしを。
あまり人間と出会っていない
ピュアな植物がたくさんいる国のおはなし。
庭にいつのまにか勝手に生えてくる、
ちいさな草花のおはなし。
岩を砕いてつくる絵の具のおはなしを。
楽しかったなあ。
チャコス、集めてくれてありがとう。
| きたがわめぐみ | - | 23:35 | - | - |
ソースせんべい
久しぶりのハルオ倶楽部、
Nちゃんのお家に集まりました。

「なんかさ、梅ジャムなくなるらしいよ」
「そうなんだ!」「ああ、そうらしいよね」
「作ってるおじいさんの跡取りがいなくて
レシピを門外不出にしたままお店を閉めちゃったんだよね」
「アマゾンですごい高値になってるらしいよ」
私梅ジャム食べたことないかも。
「えー!じゃあ、ソースせんべいには何を塗るの!?」
ソースせんべいはそのまま食べるんだよ。
もしくはソースを塗るんだよ。
「ソースは損をするじゃない!だってソースだよ。
ソースは家で塗ればいいじゃない」
「アントワネットばりの名言でましたよ。
『ソースは家で塗ればいいじゃない』」
「出たね」「出た」「ソースは損をする」
ソースは家で塗ればいいじゃない。

ソースは家で塗ればいいNちゃんは
縁日のソースせんべいの『ぐるぐるルーレット』で
100枚当たった事があるそうで、
(両手を広げて)こーんなにいっぱい
ソースせんべいをもらった、ものの
梅ジャムはちょっぴりなので
全然割に合わない、と思っていたそうです。
「ソースならおじさんが全部に塗ってくれるじゃん」
「いやっ、だめ。ソースは損をする」
っていうかぐるぐるルーレットてなに。
「えー!知らないの!それはさ…」(夜は続く)
| きたがわめぐみ | - | 23:10 | - | - |

一番上へ