めぐにっき
洗濯槽
我が家の洗濯機は
「洗濯槽が汚れにくい」がウリの洗濯機です。
(買うときに売り場のお兄さんが
A社は汚れが落ちるんですよ。B社は節水できます。
C社は叶わないと思ったんでしょうね、
洗濯槽が汚れにくい、をウリにしてきました。
A社とB社は引くほど高くて
C社も安くはないのですが、まあそれよりは…と
電気屋さんのお兄さんが教えてくれました。
電気屋さんのお兄さんが正直だと
とても助かります)

他の洗濯機は3ヶ月に一回、洗濯槽クリーナー、が
正しいお手入れ法だそうなのですが
我が家の洗濯機は年に一回が目安。
年に一回洗濯槽クリーナーは使うものの、
最近匂いがついたり
ぺろぺろっとした汚れがつくようになってしまったので
はるおくんが教えてくれた
「酸素系漂白剤」でのお掃除をしてみました。

なるほど、お湯じゃないといけないのか。
うわっ、こんなにそそぐのか。
たいへん。一日がかりだ。
だけれどびっくりするほど汚れが取れて
匂いもすっかりなくなりました。
洗濯槽は、裏は汚れるのに
どうして表は汚れないんだろう。
やっぱり見える部分は洗濯機もがんばるのかなあ。
裏は湿っているからかなあ。
見えない部分がぴかぴかになることは
とてもいいことのような気がします。
| きたがわめぐみ | - | 16:40 | - | - |
楽園
大船の楽園パラダイスへ
ビトさんのライブに行きました。
パラダイスはこの前23周年だったんだよ。
マスターのはちさんに似合いそうな
パイナップルを持って行きましょう。
おめでとう、はちさん。お祝いできて嬉しい。
あ!やっぱり似合う!





「なんでなまはげついてるの?
俺がハゲだから?」
違うよ。笑。はちさんが秋田出身だからだよ。
あとガチャガチャで2個出たからだよ。あっはっはー。


ビトさんのライブ、格好よかったなあ。
どんときてぐっときて
流れる血潮があったかい。
ここで会えるみんなと、とびきりの夜がまたひとつ。
帰りの電車が何かのトラブルで
止まってしまって
電気まで消えてしまったのですが
いつ会ってもほっとする笑顔の(だいすき)
みきちゃんと一緒にいたからか
ちっとも怖くありませんでした。
すごいなあ。普段は電車のトラブル、
すごく怖くなるタイプなんだよ。
みきちゃんさまさまだよ。
みきちゃんの写真を常備しておきたい。
| きたがわめぐみ | - | 23:10 | - | - |
エアーズロック
ハルオ倶楽部のみんなで
お肉を食べに行きました。

ぐるなびの掴みの言葉は
「肉のエアーズロック」。
お店に入って最初に目に入る
大きな黒板に掲げてある写真にも
「肉のエアーズロック」。
肉のエアーズロック。すごいインパクトではないか。
でも待てよ。だいたい私は
物事のほんとのところを知らない事が多いからね。
ふわっと分かる気がするけれど、違うかもしれないよ。
『エアーズロック』ってなんだい。
教えてグーグル先生!
わあーーー。
エアーズロックーー!




にーてーるーーーー!




その後お店の方に
「にんにくは触っていいです。でもお肉は絶対に
触らないでください。お触りなしです」と
とても真剣に言われて
一同、はいっ、触りませんっ、と良いお返事をしました。
「…触るとどうなるんだろう」
「やっぱり手をバシッとやられるんじゃないの」
厳しいピアノの先生並みに。「そうそう」
「もしくはもんじゃのコテが飛んでくる」
「飛ばしてるのはおかみさん」
「あの(←どの)厳しいおかみさん…!」
「僕はこういう時によく怒られますよ。
向こうにあるメニューを取ろうとしたら
『触るなって言ったでしょ!』みたいな。
あと、若い時に遊園地で
ひたすら焼きそばを焼くバイトをしていました」
「怒られキャラ…!」「触りそう顔…!」
「鉄板の前に立っていた経験が
滲み出てるんじゃないですか」
同業者だけに分かる鉄板感が…!
「あいつは触る…触るに違いない…、と…!」
| きたがわめぐみ | - | 23:50 | - | - |
ホットサンドを焼く
それはどこかの地方のホテルで
数人で(りぶさんのけんぢまんもいました)
出張で泊まっていて
灰色のような景色の中、雨が降っていました。
私たちは帰る日の朝に
ハムとチーズのホットサンドを作って
みんなで食べました。
チーズがとろっととけて
あついね、美味しいね、と言い合いました。

そんな夢を見て起きた朝。
朝ごはんはホットサンドだ、と
久しぶりにホットサンドの機械を出して
ハムとチーズのホットサンドを作りました。
夢が朝ごはんを決めてくれるなんて
ちょっとらくちんです。
| きたがわめぐみ | - | 10:05 | - | - |
みーあん


最近私は
ミーアキャットに夢中です。

ああかわいい。ああかわいい。
| きたがわめぐみ | - | 20:05 | - | - |
カステラ袋について


小川軒のカステラを頂きました。
小川軒の、カステラ!レーズンウィッチが有名だけれど
カステラもあるんだねえ。すてきすてき。

おおよそのカステラは
中がつるつるで、外が和紙っぽい
紙の袋に入っています。
これももちろん入ってるよ。そしてこの袋を開けると
中がつるつるで外は厚紙っぽい
白くて薄い箱に包まれているよね。
やっぱり、外側の袋があるから
翌日でもしっとり美味しく食べられるのかなあ。
これ、水分を保ってくれそうだものなあ。
だけれどカステラはべたべたしているから
綺麗にするんと出すために
中の薄い箱が必要なのかな。
カステラは大きくて、とても一日では食べきれないので
「ずっと美味しくお届けするには…」と
考えてくれた人がいて
この袋が出来たのかもしれないなあ。
(とても憶測で文章を書いています)

しみじみカステラの袋を眺めていると
小さく「カステラ袋」と書いてあるのを見付けました。
カステラ袋!専門の袋!かっこいい…!
| きたがわめぐみ | - | 23:00 | - | - |
絵本作家集まる
美大で絵本の作り方を教える
1ヶ月の授業が終わりました。
みんな頑張ったね。ありがとうね。
あと1回、装丁の授業の後
発表会(?)の時にお伺いします。
素敵な作品になりますように。がんばれがんばれ。


夕方、えがしらみちこさんと高橋和枝さんと
ブックハウスカフェで待ち合わせをしました。
お茶を飲んで、思う存分喋って、
どいかやさんのイベントに参加して、
サンドイッチを食べながらまた喋って、
楽しすぎて終電間際で。
どいかやさんのイベント、素晴らしかったなあ。
想いの筋が一本ぴん!と通っていらして、
それがどっしりと大きな大木のようで、美しくて。
みんなで聞きに行けて、素敵だったね〜なんて
その後もおしゃべりできるのも
とてもいいなあ。

おふたりにサインをもらいました。
ブックハウスがあって良かった。
こういう時行ける場所があること、
しみじみうれしいなあと思うのです。
えがしらさん、高橋さん、ありがとう。

| きたがわめぐみ | - | 23:15 | - | - |
法則
荷物の多い女なので
大抵色々なものを持っているのですが
ない時に限って必要になる法則が
ときどき発動します。

携帯の充電電池をコンセントにさしたまま
忘れちゃった時に限って
道に迷ってグーグルマップをいっぱい使って
電池がぎりぎりになったりね。
虫刺されの薬を持っていない時に限って
蚊に刺されたりね。
バンドエイドを持っていない時にかぎって
紙で指をささやかーに切ったりね。
これは何の法則なんだろう。
持っていないから心の奥底で気になっていて
気になっているから引き寄せちゃうの法則かな。
なんかそういう星回りの法則かな。(ざっくり)
(どうにもならないことは、おおよそ
「季節のせい」か「宇宙のせい」にすると
丸く収まります。ありがとう、季節と宇宙)

だけれど。そう言えば、
持っている時も充電池はさすことが多いし
持っている時も蚊に刺されるし
持っている時も紙で指は切ります。
単に「忘れものしただけ」なのかもしれません。うふふ。
ごめんね、季節と宇宙。
| きたがわめぐみ | - | 23:30 | - | - |
いちごといちごオレ
今年の3月の日付で、日記の下書きに

「いちごは好きだけど
いちごオレは嫌い、だ!っていうようなもの?」

というメモがあって
おそらく誰かと話した、もしくは
気が付いたこのことをテーマに
日記を書こうと思ったんだと思うのですが
まったく思い出すことが出来ません。
それは、抹茶は好きだけど
抹茶味は嫌い、みたいなものかなあ。
抹茶なのに甘いのが嫌だって聞くよね。
チーズは好きだけれど、甘いクリームチーズは違う、もそれかな。
何とか味の話ではないけど
「にんじんは野菜なのに甘いから苦手」も聞いたことがあるよ。
ソーダは好きだけれどソーダ味は違う、
だいたいプシュッとしていないし、とか、
森の香りは好きだけれど芳香剤は無香料とか
無香料がいいけど無香料は無香料の匂いがするよねとか
そういうものかなあ。(わかる気がする)

2012年から入っている「さるはこしがいたい」も
何を書こうとしたのか
未だ全く思い出せません。
中腰だからかなあ。さる。
動物園で見て「みんな中腰!」って、思ったのかなあ。
| きたがわめぐみ | - | 23:55 | - | - |
バベル
6月のはじめごろ、
上野でBABELを見ました。

絵を見ている、というよりは
歴史を見ていたり、政治を見ていたり、
ボスやブリューゲルや一派の(?)皆さんの
頭の中を見ている感じ。
すっかり圧倒されて美術館を出て
みはしであんみつを食べました。
今もまだ言葉には出来ません。
そうかそうかあ。それでもいいよね。
いつかしたくなった時に言葉にいたしましょう。

圧倒されたまま袋に入れっぱなしだった
BABEL展のお土産を
ようやく開けました。
バベルの塔のスノードーム。
顔をあげた時にスノードームがそこにあると
ちょっとにっこりします。

| きたがわめぐみ | - | 13:25 | - | - |

一番上へ